せっかくのチャンスを棒に振ってない?〜デートで弾む 話 のコツを掴み相手も楽しい空間を演出しよう~

せっかくのチャンスを棒に振ってない?〜デートで弾む会話のコツを掴み相手も楽しめる会話を演出しよう~

気になるあの人に勇気を出して声をかけるとき、2人きりになったとき、デートに誘う時…あなたはどんな 話 をしますか?💭

話題が無いから声をかけられない?恥ずかしくて2人きりだと話せない?

せっかく話せても緊張して話を膨らませられない(けど格好よく見せたい)?

かっこいい姿を見せたいが故に空回りしている?

明日からちょっと勇気を出して気になるあの人にアプローチできるように、

女性と気兼ねなく話せるように、

今回は女性との会話でNGな話と、誰でもできるスマートな会話内容についてお伝えします😊

自分のことをかっこよく魅力的に見せるにはコツがあります。

間違ったアピール方法でせっかくの機会を棒にふってしまうことがないように、

具体的な実例を見て一緒に学びましょう👍

これは嫌だ💦NG 話

NGな 会話 例

否定から始まる 会話

恋愛関係だけでなく、普段の人間関係から言えることかもしれませんが、

否定から会話を始めてしまう人というのは嫌厭されがちですよね。

あるあるなのが…

①「いや、」「でも、」「だけどさ、」といった逆説がつながる言葉の多用

②ことごとく「俺はそうは思わないな」「それは違うと思う」

辺りではないでしょうか🤔

それぞれについて少し詳しくお伝えしますね。

①に関して…

これらは無意識で出てしまいがちな言葉でもありますよね…💦

1つ具体的に考えてみましょうか。

👦🏻「好きなアイドルとかいるの?」

👩🏻「○○ってグループが好きなの!みんなかわいいし歌もダンスも上手なんだよ!」

👦🏻「あー、名前聞いたことあるよ。でもさ、この前テレビ出てたけどトークあんまりだよね」

たったこれだけの会話ですが、客観的に見ていかがでしょうか。

あまりいい感じの印象がしない方が多いのではないかと思います。

誰しも、自分の好きなものを否定されるのは嫌ですよね…

しかも、聞かれて答えたのに否定されるのはなおさら嫌ではないでしょうか。

(👩🏻 えぇ…そっちから聞いてきたんじゃん…)となってしまいます。

早く会話を切り上げたくてしょうがないです(笑)

どんな返しが良いのか?後でまとめてご紹介します!👍

「俺は」ばかり…

自分が相談したこと、話したことへの返答が「俺は(自分は)〜」ばかりだと

会話のキャッチボールが出来ず、疲弊してしまいますね…

これまた例を基に考えてみましょう。

👩🏻「この前良い感じのお店見つけたんだよね!ここなんだけど…」

👦🏻「確かによさげだね。でも俺はこっちの方が好きかな~」

👩🏻「いいね!Bさんの調べてくれたお店にしようか!」

👦🏻「まぁでも、ここのお店は俺はいつでも行けるから、今回は俺はAさんの選んでくれた方で良いよ。」

👩🏻「OK!集合どこにする?」

👦🏻「俺は電車で行くから○○が近いけど、Aさんは?」

こんな感じで会話が進んでいくとしましょう。

Bさんに対して少し壁を感じてしまいますね。

自分の意見や考えをしっかりと伝えることが大事な場面は多くありますが、

普段の何気ない会話の中でまで自己主張が強くなってしまうと、

相手側は会話のキャッチボールが出来ないと感じ、フラストレーションがたまってしまいます💦

その「俺は」の3文字をグッと飲み込んで削るだけでも印象はかなり違うものになると思います👍

頭の中で「俺は」をつけ、口には出さないのがスマートですね😊

こんな 話 が良い!

さて、今まではNGな会話についてお伝えしたので、「じゃあどうしたらいいの!?」

の部分をお伝えします。

とりあえず肯定してみる!

相手の話を聞いて、

「自分の考えとは違うなぁ…」とか

「自分はそうは思わないなぁ…」と感じることもあるかもしれません。

しかし、せっかく話しているのにそれに対して「いや、」「でも、」など

否定的に返されるとそれ以上は話しにくくなってしまうものです。

とりあえず「そうなんだね」「あなたはそう思うんだね」というような肯定の言葉、

共感の言葉を1クッション挟むだけでも大幅に印象がよくなりますよ👍

楽しい雰囲気はお互いに創り出すものです。

せめて2人でいる時間くらいは、2人で一緒に楽しめる時間・空間を創り出せるように意識してみましょう。

そうすることで、相手もより楽しんでくれると思います😊

会話の中で、表情や声のトーンなどのいわゆる非言語情報からも色々受け取れると良いです。

その中で、「してもらって当たり前」を相手から感じたらサッと離れるのも1つのスキルです👍

「してもらって当たり前」に触れ続けると、長い目で見た時に色々な面でとても消耗してしまいます💦

「与える側」になりすぎて疲弊することが無いようにだけお気をつけください…!

あなたの優しさをしっかり理解して同じだけ返してくれる素敵な女性もいるので、

そういった方と巡り合えるようにぜひ頑張ってくださいね

時には心の中にしまうことも大事!

自分の話を求められている時、自分について話す時、「俺は」を一度飲み込みましょう。

自分の軸や考え、意見がある人はとても魅力的です。

しかし、あまりに「俺は」の自己主張が強くなってしまうと2人で会話を作り上げている感覚は薄れてしまいます。

先程の例の中から「俺は」の3文字を取り除くだけでも会話のキャッチボールがしやすくなります。

自分の意見があることはとても良いことなので、伝え方を変えるだけで相手に効果的にアピールできますよ。

そしてそのアピール方法にもコツがあります。

そのコツとはずばり…!

「言葉ではない部分で魅力や雰囲気を醸し出せる」

ことです👍

言葉に頼りすぎてしまうと、却って薄っぺらい印象、余裕のない印象を持たれてしまいがちです。

自分をより魅力的に魅せ、相手にも楽しんでもらう空間を作るための演出家になりましょう💪

あなたの演出に応えて、「楽しい!」の恩返しをしてくれる女性は必ずいます

自分から 話 をふるなら…

仕事や学校の仲間ならプライベートでの近況について

(「最近休みの日どうしてるの?」「今度一緒にここ行かない?」等)

軽く話したり、久しく会っていない人であれば「最近どう?」の一言をきっかけに

話を進めることが出来ると思います😊

無理して「良い話しないと…!」と力まず自然体で会話をした方が自分も相手も楽しいですね。

ぜひ相手の話にたくさん興味を持って色々と聞いてみましょう!

ライトな感じで聞くのがポイントです👍

関連記事:モテ男はやっている!「目を見て話す」コミュニケーションのコツ

本音レビューの誕生秘話はこちら

本音レビューでは、毎月3人からの客観的アドバイスで「モテる」魅力をパワーアップさせることができます。

自分磨きでお悩みの方は、ぜひ1度レビューを受けてみてください。

\ ヘアカットよりお得に自分磨き /

本音レビューを見る
料金プランをみる