フェードアウトされる人はこれが原因かも!「この人 デリカシー がないな…」と感じた場面5選

デリカシー とは、他人の気持ちや感情を尊重し、配慮することを指しますね。

しかし、自分ではデリカシーがあると思って行動をしていても、他人からみればそうでないことも度々あります…

女性がどんな場面でデリカシーが無いと感じるのか、今一度一緒におさらいしましょう!

今回は「この人はデリカシーがないな…」と感じた具体的な場面を、使ってはいけないNGワードとともに5つ紹介いたします。

この5つの言動に気を付けることで、相手に不快な印象を与えることを避けられるはずです。

では早速いってみましょう〜

1つ目:アレコレ聞いてない?プライベートな質問をされた時

気になることがあっても、無理に聞き出すことは避けましょう。

具体的なNGワードとしては以下のものが挙げられます。

・彼氏いる?

・今まで何人と付き合った?

・今いくつ?

・お給料はいくらもらってるの?

プライベートなことを、無理に聞き出すことは相手にとって不快な印象を与えかねません。

どうしても聞いてみたいことがある場合は、あくまでもさり気なく聞くこと!

例として「彼氏いるの?」という質問のさりげない聞き出し方の例を挙げますね。

良い例

👦🏻「いつもお休みの日は何してるの?」

👩🏻「カフェ巡りしてる!」

👦🏻「カフェ巡りいいね!彼氏と行ったりするの?」

👩🏻「彼氏は今いなくて…友達と行ったり、1人で行ったりもするよ。」

👦🏻「そうなんだ!俺もカフェ行くの好きだから、今度一緒に行かない?この前オシャレなお店見つけたんだ〜」

いかがでしょう?

会話の中で、自然と彼氏の有無を知ることができました。

プライベートな質問は直球ではなく、少し会話を増やしてその中で聞くようにすると、相手にも不快感を与えずに聞き出すことができますよ!

2つ目:荒っぽい言葉もNG!下品な言葉を使っていた時

恋愛においては、言葉遣いも重要なポイント!

下品な言葉といえば「下ネタ」を思い浮かべる方が多いでしょうが、他にも女性を不快にさせるデリカシーの無い言葉があるんです。

具体的なNGワードとしては

・うざい

・おまえ

・クソッ

・めんどくせー

等、荒っぽい言葉も女性からすると「下品な男性」と捉えられてしまいます。

このような言葉を日頃から使ってしまっていると、恋愛から遠ざかってしまいます…

普段の言葉遣いから見直してみましょう。

3つ目: 褒めたつもりが逆効果の時も!人が気にすることを平気で言ってきた時

相手が気にしていることを平気で指摘してしまうと、傷つけてしまうことになりかねません。

しかし、女性が何をコンプレックスに思い、何を気にしているかを察するのが難しい…と思っている男性もいるはず…

そんな方は、とにかく人の外見や特徴に対して言及するのは避けましょう。

具体的なNGワードは

・太った?

・いつもと化粧が違う?

・髪型変えたほうがいんじゃない?

・大人しいね

等です。

褒めたつもりでも、本人は気にしていることが多々あります。

これらの発言はたとえ仲良くなったとしても、言うのは避けておいたほうが無難ですよ。

4つ目: 家にいる感覚でやってない?人前でゲップやおならをする

他人がいる場所でのゲップやおならは、周囲に不快感を与えてしまいます。

皆さんは大丈夫ですか?

ゲップやおならは、いつもは気をつけていても気が緩んだ時についつい出てしまいがち…

飲み会の席なんかは特に気をつけて!

異性がいる場は、最後まで気を抜かない様に頑張りましょう。

5つ目: 無意識に言ってる人も…悪口を言っていた時

悪口を言ってしまうと、相手に嫌悪感を抱かせてしまいます。

自分の悪口を面と向かって言われたら女性も腹が立ちますし、また他人の悪口も聞いていて良い気がしません。

更に「私の事も他の場所で悪く言ってるのかな?」と思わせてしまいます。

そして、悪口と思っていなくても以下のことは悪口と捉えられてしまうことがあるので注意して下さい。

NGワード

・「そんなことも分からないの?」

・(店員さんに対して)「遅いな!何やってるの!」

・「あの人おかしいんじゃない?」

等です。

無意識に言ってしまわないように心がけてくださいね。

悪口は避け、ポジティブな会話や相手を尊重する姿勢を持つことで、より良い関係を築けますよ!

まとめ

いかがでしたか?

大人になってからでも、デリカシーを持つことは決して難しいことではありません。

相手を思いやり、共感し、尊重する心を大切にしてくださいね。

関連記事:モテたい 人必読!「この人モテないな…」と女性が感じた場面〜その1〜

本音レビューの誕生秘話はこちら

本音レビューでは、毎月3人からの客観的アドバイスで「モテる」魅力をパワーアップさせることができます。

自分磨きでお悩みの方は、ぜひ1度レビューを受けてみてください。

\ ヘアカットよりお得に自分磨き /

本音レビューを見る
料金プランをみる