【女性の扱いがわかるようになる】女心 を理解してモテる!3つの事例から考える女性の本音と対処法を解説!

男性が抱える永遠の謎「 女心 」。女性特有の感情は、時に男性を悩ませます。

「何で不機嫌なの?」「本音か建前か分からない…」など、対処法に困った経験が一度はあるのではないでしょうか。

しかし、女心もコツを掴めば、さまざまな行動の背景を理解し、適切に対処できるようになるんです!

今回は、謎に包まれた女性心理を3つの事例から解説します。

これであなたも女心が分かるモテ男になれるはず。

そもそも 女心 とは?

女性特有の感情を指す「女心」。

「女心と秋の空」ということわざにもあるように、女性心理は秋の空模様と同じくらい変わりやすいと言われています。

「昨日はあんなに機嫌が良かったのに今日はなぜか怒っている…」といったように、男性には理解できない部分がたくさんありますよね。

これは、男女で脳の構造が異なるためとも言われています。

女性は共感を大事にする生き物。体や見た目と同じく、脳にも性差があることを知っておきましょう。

これを踏まえて、3つの事例から女心の本音を解説します。

事例①仕事のグチにアドバイスしたらキレられた⁉

せっかく相談に乗ってあげたのに、なぜか不機嫌になり、最終的には「もういい!」とキレられた…なんてことはありませんか?「ちゃんとアドバイスしたのに何がだめなの⁈」と思いますよね。

これは、男女の価値観の違いによるコミュニケーションのずれ。具体例を見ていきましょう。

【具体例】

女性👩🏻「最近仕事が辛くて…」

男性👦🏻「何がそんなに辛いの?」

👩🏻「上司と上手くいってなくて…」

👦🏻「何で上手くいってないの?」

👩🏻「うーん、仕事の進め方が合わないんだよね…」

👦🏻「それは上司に合わせた方がいいんじゃない?」

👩🏻「…」

この会話の問題点。それは「共感がない」ことです。

男性は悩みに対して解決策を出そうとしますが、女性はまず「辛いよね」と共感して受け止めてほしいのです。

この女心を知らずにアドバイスすると、女性は説教されているようで、気持ちが下がってしまいます。

【改善例】

女性👩🏻「最近仕事が辛くて…」

男性👦🏻「そっか、大丈夫?何があったの?」

👩🏻「上司と上手くいってなくて…」

👦🏻「上司と付き合っていくのは大変だよね。僕も悩むこと多いよ。」

👩🏻「本当?仕事の進め方でいつも衝突するんだよね…前は〇〇で今回は✕✕で…」

・・・・・

👩🏻「スッキリした!聞いてくれてありがとう!」

👦🏻「話ならいつでも聞くよ」

「グチを聞いてほしい=アドバイスがほしい」と受け取りがちですが、女性は「ただグチを聞いてほしいだけ」の場合も多いです。

結論を求めず、会話のキャッチボールを楽しむようにしてみてください。

事例①の女心を掴むポイントは「共感力」。

言葉のひとつひとつを鵜呑みにするのではなく、「女性は共感を求める生き物」だと意識して会話するだけで、女性の反応は一気に変わります。

「そうだよね」「僕も分かるよ」のひと言があるだけで、信頼度が一気に上がりますよ。

事例②「どっちの方が良い?」正直に答えたら微妙な反応…

ショッピング中、誰しもが一度はこの言葉に悩んだことがあるのではないでしょうか。

一生懸命考えて答えたのに、「ふーん…」と微妙な空気に。「一体何が正解なの?!」と思いますよね。

このときの女性心理を具体例から見てみましょう。

【具体例①】

女性👩🏻「このワンピース、白と黒どっちが良いと思う?」

男性👦🏻「うーん、白が良いんじゃない?似合ってると思うよ」

👩🏻「ふーん…」(黒も良いのにな…違う人に聞いてみよ)

もしくは、どちらも似合っていると答えるパターンもあるでしょう。

【具体例②】

女性👩🏻「このワンピース、白と黒どっちが良いと思う?」

男性👦🏻「どっちも似合ってると思うよ!」

👩🏻「ふーん…」(結局どっちなんだろう…違う人に聞いてみよ)

事例①から考えると、まずは共感が大事。女性の意見に合わせて回答すれば良いと思いますよね。

ただ、この場面では「どちらが良いか」アドバイスを求めています。

このようなときは、共感プラス質問で女性の意見を引き出すようにしてみましょう。

【改善例】

女性👩🏻「このワンピース、白と黒どっちが良いと思う?」

男性👦🏻「どっちも似合ってるけど、どうして白と黒を選んだの?」

👩🏻「黒は私の好きな色だけど、白は今度の結婚式にも使えるなと思って」

👦🏻「たしかに白なら結婚式にも着て行けるね。白はあまり持ってないし、白でも良いんじゃない?似合ってるよ」

👩🏻「たしかに。ありがとう!」

女性は共感を求める生き物だとお伝えしましたが、そこには「私の話をちゃんと聞いてほしい」という気持ちが隠れています。

「白じゃない?」「どっちも似合ってるよ」だけでは、「私のことちゃんと考えてない!」と気分が下がってしまうのです。

事例②の女心を掴むポイントは「聞き上手になること」。

話を聞いてほしいのか、本当にアドバイスがほしいのか悩む場面もあるかと思います。

そのようなときは、まずは事例①でお伝えした「共感する」を意識してみましょう。

その上で、「どう思う?」「どっちが良い?」など、アドバイスを求められたときは、答える前に一旦女性の意見を引き出すようにしてみてください。

一方的に話したり、質問攻めになるのではなく、会話のキャッチボールが大切ですよ。

事例③僕何かした?!彼女が不機嫌な理由が分からない…

数あるトラブルの中でも、特に悩むのが「不機嫌な彼女の対処法」。

何を聞いても「大丈夫」でかわされ、放置するとますます不機嫌に…。

このようなとき、原因の一部は男性にあると考えられます。

「何もしてないよ?!」と思われるかもしれませんが、改めて女性心理について振り返ってみましょう。

女性は共感してちゃんと自分に寄り添ってほしい生き物。

しかし、理由なく不機嫌ということは、

①体調不良

②彼氏に言いづらい相談内容

③彼氏に不満がある

の3つの原因が考えられます。

仮に、②彼氏に言いづらい相談内容(他に好きな人ができた等)であれば、不機嫌ではなく、不安な様子やよそよそしさを感じるでしょう。

不機嫌をあえて見せるということは、「あなたに原因があることを自分で気付いてほしい」と考えている可能性があります。

この可能性を踏まえて、なるべく穏便に済ませる対処法を見ていきましょう。

①ひたすら話を聞く

落ち着くまでそっとしておくのは、ときに逆効果です。

「私のこと大事じゃないんだ」と、よりいっそう険悪になることも。

ここは根気よく話を聞いて、本音が聞けるまで待ってみましょう。

不満をひたすら聞いてあげることで、「共感してくれた」「私のことをちゃんと大事にしてくれている」と感じ、機嫌が直るスピードも早くなります。

【NG例】

男性👦🏻「ごめん、何かした?理由を教えてほしいんだけど…」

女性👩🏻「大丈夫」

👦🏻「そっか、落ち着いたら教えてね」

👩🏻(2人で解決する気ないんだ。もういい!)

【OK例】

男性👦🏻「ごめん、僕何かしたよね。直していきたいから、理由を教えてもらえないかな?」

女性👩🏻「…ここが嫌だった」

👦🏻「分かった。これから気をつける。本当にごめんね」

👩🏻「うん」(よかった!)

謝罪とあわせて、今後改善する意思も伝えられると、2人の仲をより良くしようとしてくれていると感じられ、女性は安心感を持つことができるでしょう。

②隣で寄り添う

頑張って本音を聞き出そうとしても、無言を貫き通す女性もいるでしょう。

ここで男性が「勝手にしろよ!」と逆切れするのは絶対NG!ケンカ別れに直結してしまいます。

無言の場合は、彼女の中でまだ感情が整理できていない可能性もあるため、時間を置きつつ「大丈夫?」「落ち着いた?」などの声かけをして、寄り添いながら待ってあげましょう。

「落ち着いたら教えてね」などとその場を離れると、「話を聞く気がないんだ」と思って気持ちが萎えてしまうことも。ここは頑張って待つ方が無難です。

「ちゃんとあなたのことを気にかけている」ことを態度で示してあげれば、彼女も徐々に心を開いてくれるでしょう。

③普段通りに接してみる

話を聞こうとしても、ずっと寄り添って待っても効果なし、という場合は、彼女も引くに引けなくなっているのかもしれません。

機嫌を直すタイミングを失っている可能性もあるため、このようなときは普段通りに接してみてください。

【NG例】

男性👦🏻「ごめん、僕何かしたよね。直していきたいから、理由を教えてもらえないかな?」

女性「…大丈夫」

👦🏻「何もないことないよね。機嫌直してよ~スイーツでも買いに行く?」

女性「…もういい!」

普段通りといっても、このように投げやりな態度や面倒くささを出してしまうと逆効果です。

彼女のご機嫌取りをするのではなく、さらっと普段通りに話しかけるのが理想的です。

【OK例】

男性👦🏻「何も気付けなくてごめんね、体調は大丈夫?落ち着いた?」

女性「別に大丈夫」

👦🏻「じゃあ一緒に散歩行かない?今後のためにもちゃんと話聞きたいし、どうかな」

女性「…分かった」

「ご飯できたよ、一緒に食べよう?」「買い物行かない?」「散歩しに行こう!」など、外に連れ出したり、何か行動に移したりできれば、彼女も気分転換になって「実は…」と話を切り出しやすくなるでしょう。

原因が体調不良の場合にも効果的です。

休憩して気力体力が回復すれば、普段の彼女に戻り、体調が悪かった理由を話してくれるかもしれません。

女性は毎月ホルモンバランスが変化します。

女性特有の問題というケースもあるため、「もしかしたら体調のせいかな?」と思って、優しく接してあげてくださいね。

まとめ

謎に包まれていた女心も、男女で脳や価値観に違いがあると理解しておけば、今後も悩まずスマートに対応できるでしょう。

今回ご紹介した内容を参考に、女性の心をしっかり掴んで、良い関係を築いていってくださいね。

関連記事:【例文あり】地雷を踏んだら即終了!マッチングアプリ でデートに誘うときの注意点

本音レビューの誕生秘話はこちら

本音レビューでは、毎月3人からの客観的アドバイスで「モテる」魅力をパワーアップさせることができます。

自分磨きでお悩みの方は、ぜひ1度レビューを受けてみてください。

\ ヘアカットよりお得に自分磨き /

本音レビューを見る
料金プランをみる